柱状改良工法 建物や地盤状況に応じた各種地盤改良工事。

中間層や支持層が8m程度の深さに存在する場合

柱状改良工法とは、セメント系固化材を粉体またはスラリーの状態で地盤に撹拌し、柱状の改良体を作る工法です。

写真
写真


工事の流れ

柱抱上げ工法

PAGE TOP