鋼管杭 ボーリング建込工法

1)室内の測量(水盛り管・オートレベル)

各主要な柱(フロアーレベル)の計測する。

2)薬液注入工 (ボーリング削孔水の逸水の場合に施工)

ボーリング施工部に対して薬液注入を行い、ボーリング削孔水の逸水を防ぐ為に行う。

写真


3)大口径ボーリング工事

ボーリングマシンでコアチューブ又はケーシングにより削孔を行う。

写真


4)鋼管杭建込工事

削孔孔内に鋼管杭を溶接しながら建込む。

写真


5)セメントミルク充填工

鋼管杭の内外をセメントミルクで充填する。

写真


6)掘削工

基礎下を幅(w)1,000mm×深さ(d)1,000mm程度でトンネル掘削を行う。

写真


7)鋼材引込工

建込んだ鋼管杭頭にブラケットを取付けI型鋼をトンネル内に引込み鋼管杭に乗せる。

写真 写真


8)ジャッキアップ工

I型鋼にジャッキを設置し、ジャッキアップを行い、ピース管を取付け固定する。

写真


9)空隙充填工

ジャッキアップで生じた空隙及びトンネル掘削部に気泡モルタルを充填する。

写真


10)埋め戻し、整地、清掃工

表面を埋め戻し、整地をし、清掃を行い完工する。

写真


PAGE TOP