柱抱上げ工法

1)図-1の様にC型鋼で柱を固定する。(U字枠で締付ける)

柱抱上げ工法


図-2の様に固定の方向は、X方向、Y方向の双方向で固定  (柱のズレ防止の為)

柱抱上げ工法


2)柱を固定したC型鋼にジャッキを設置し、沈下の修正を行う。

柱抱上げ工法


◆施工条件及び問題点
→内外装の撤去。(床、畳、襖、天井、壁等)
→外周接続部の切り離し。(渡廊下、長屋等)
→柱、梁、桁の条件によっては、レベル調整に影響が有る。
  ・柱が弓状になっている。
  ・梁、桁にたわみ、そり等が有る。
  ・継手、_等の接合部の合致が不十分な場合。
→部分上げの場合、施工範囲外の部分の影響でレベル調整が、不十分になる場合がある。

PAGE TOP