土台上げ工法

1)室内の測量(水盛り管)

各主要な柱(フロアーレベル)の計測する。

2)アンカーボルトのナットを解放する。

(1)アンカーボルトのナットを解放する。  ※解放の妨げになる根太、掛け等は切り取らせて頂く場合があります。

(2)アンカーボルトの継足は、継ぎナット又は ロングナットを使用します。

継ぎナット 継ぎナット


3)はつり工事

深さ(d)20mm×幅(w)100mm程度、基礎をはつる。
※柱の真下ではなく少しずらす。[図1]

写真


4)ジャッキ設置及びジャッキアップ工事

はつり工事で開けた穴に鉄板を差し込み、ジャッキを設置し、ジャッキアップする。 【図-2】

ジャッキ設置及びジャッキアップ工事


5)ライナー設置

ジャッキアップで上げた土台と基礎の間にライナー(各厚みの鉄板)をはせる。【図-3】 ※ライナーは、柱の真下で受ける。

ライナー設置


6)アンカーボルト固定

ライナーで家を受け、測量をしてレベル修正が出来たら、アンカーボルトを固定する。


7)モルタル充填

モルタルを土台と基礎の立上りとの空隙に外と内より充分に埋め込む。[図-4]

モルタル充填


8)鋼製束取付

既存の束が木束の場合、鋼製束に取り替えます。


PAGE TOP